看護師の夜勤単発アルバイトってどうなの?

看護師の派遣やアルバイトを探すには?

どんな仕事があるか、わからないから不安になる・・
やっぱり探すなら専門アドバイザーと非公開求人のあるところ!

無料で探す看護派遣の専門求人


看護師の夜勤単発アルバイトってどうなの?

 

看護師の夜勤のバイト

 

看護師の単発アルバイトには夜勤専属の求人も募集されています。

 

 

 

常勤の仕事を求めるナースがいる一方、「私は夜勤専属で働きたい」という方もいるかもしれません。

 

 

 

専門の求人には、

 

夜勤専従、月12回程度の勤務☆ 夜勤専従のお仕事(月2回〜11回、相談可) 

 

という夜勤専従のみの求人募集から、

 

 

 

夜勤専従も相談可♪ ☆日勤常勤のみ、夜勤のみもOK ☆夜勤回数相談可

 

という日勤と夜勤のどちらでも働けます!という求人も掲載されています。

 

 

 

月の勤務回数や日勤とのバランスを調整できるところなど、
求人によっては相談することで自分の希望する勤務の仕方に近づけることが可能です。

 

 

 

夜勤専属で働くとなると生活リズムが逆転する分、
日勤常勤と比べると体力的に、日中と夜間のリズムのつけ方が
やや難しい面もあるかもしれません。

 

 

 

しかし、勤務日数や勤務体系については自分の都合に合わせて相談できるので、
自分の時間を確保したい人や子供がいるママさんナースでも働きやすさがあります。

 

 

 

仕事の種類は?

クリニック・有料老人ホーム・産婦人科・病院・施設など幅広く仕事の種類があります。細かい仕事内容や働き場所については求人を調べてみたり、派遣会社に自分の希望を伝えた上で求人を見せてもらいましょう。

 

 

Wワークやかけもちがしたい

通常のお仕事に加えて不足分の給料を補いたい人もいるものです。夜勤看護師のバイトではWワークやかけもちで働くひともいますので、勤務時間やシフトを相談してみるといいでしょう。

 

 

 

看護師の夜勤アルバイトのメリット

 

夜勤の看護師単発アルバイトのメリットといえば、
何と言っても日中の勤務よりも給与が高く、高日給なところです。

 

 

 

日給は病院に寄っても異なりますが、
2万円〜3万円以上の高日給の求人が目立ちます。

 

 

 

これだけ高い給与、高日給であれば、
月の勤務が少ない回数でもそれなりに稼ぐことができるのが魅力です。

 

 

 

夜勤の看護師バイトはきつい?

 

夜間勤務だと場所によっては少人数制で対応するため忙しいところもあったり、
体内リズムの面ではじめは負担が感じられる方もいるでしょう。

 

 

 

しかし、給料が高めに設定されており、
なおかつ勤務日数も調整できるので、体力的負担を減らせるのも事実。

 

 

 

正職員だと日勤・準夜勤・夜勤のような三交代制で
勤務時間が回されるため体調の維持管理がなかなか大変です。

 

 

 

そのぶん夜勤専従で働ける職場を選べば、三交替や二交替制などに比べると
働く時間帯が統一されている分慣れてしまえばやりやすさはあるでしょう。

 

 

 


忙しさや体力的な負担は職場によって異なるので一概には言えませんが、
勤務先の人員体制やその時の状況によって変わるので、仕事内容などについては
しっかり確認しておくといいですね。

 

 

 

夜勤の人員体制がしっかりしているところを望むのであれば、
お仕事探しの際に派遣会社にもその主を伝えて探してもらうとよいです。

 

 

 

 

自分の働きたい場所ではどんな夜勤の仕事があるか
さっそく看護師の派遣求人サイト調べてみましょう。

 

 

 

>>ハローワークでは見つからない?単発の看護師求人を探す方法について

看護師のワークスタイルを応援します!

ツアーナース、検診のお仕事、パート勤務などなど、
あなたの条件にあった働き方をみつけるには非公開求人も要チェック!

みんなに伝えたい看護師の転職・派遣支援サービス